安心の家賃保証を利用|業者選びで注意すべきことを確認しておこう

連帯保証を担う事業です

模型

急増しているサービスです

賃貸住宅への入居を考えている場合、入居契約をする際に連帯保証人を確保することが慣習的に義務付けられています。貸主は賃貸収入を獲得するために、賃貸住宅を経営していることが一般的です。そのため、借主の身元を確認した上で家賃滞納によるリスクを防ぐ目的で、連帯保証人を求めています。したがって、その役割は、伝統的に家族等に頼むことが大半でした。ところが、核家族化が進んでいる近年、家族間でも連帯保証を頼みにくい風潮が広がっています。つまり、賃貸住宅への入居が難しくなっています。賃貸保証会社は、手数料を受け取ることで連帯保証人と同じ役割を担っている事業者です。賃貸保証会社は、申込者の身元確認を行ってからサービスを提供しています。その結果、貸主は入居者の安全性を確認できます。また、家賃滞納が発生した際は、賃貸保証会社から家賃の弁済が受けられます。したがって、家賃の滞納による収入減少の可能性を解消できる点がメリットです。一方で、借主の立場からは、賃貸保証会社の利用で連帯保証人の確保に時間と手間を費やす必要がなくなります。入居契約がスムーズに進まなければ、希望通りの物件に入居できない恐れは高くなります。つまり、円滑に入居手続きを進めるために、賃貸保証会社は便利です。想定される利用者は、連帯保証人を頼みにくい場合だけではありません。高齢者や外国人の人口が増えている現在、居住地周辺で頼れる親族がいない場合も珍しくないので役立っています。